読み終わった!はゴールではない?「飛ばし読み」は読書で挫折しないための技術です

こんにちは、eSです。

趣味は読書とはよく聞きますし、私もよく言いますが、実際に本を読んでいると、中々読み進められないですよね。

それは中々時間が取れなかったり、読んでる本が難しかったり。

特に難しい本は、読み切る前に挫折してしまいがちです。

ですが難しい本でも、コツさえ掴んでしまえば結構読み進めることができてしまうものです。

そのコツというのが「飛ばし読み」です。

飛ばし読み」というとネガティヴなイメージを持たれることが多いですが、読書をするためには必須の技術です。

今日はそんな「飛ばし読み」について書いていこうと思います。

本が読めないのは、内容を知らないから

何を言っているのだこいつは。。。と思われるかもしれません。

しかし本を読めないと思う時って、自分が知らないものを読んでいるからなんですね。
知っていることならそれほど苦もなく読むことができても、知らないことだと分からないことばかり。

だから読み進めることが苦しくなってしまうんです。

よく専門家の人の読書スピードが早い、多読だ、と言うのは、実は読んでいる本の内容をある程度知っているから。
自分の知識と合致している部分であれば、もはや読まなくても分かるレベルにあるんですね。だから読むのが早いし理解も早い。

専門家は自分の身につけた知識で本を読んでいるのです。

ですが私たちは多くの場合専門家ではありませんから、知識の量はどうしても限られてしまいます。

なので、その知識分をどうにかして埋める必要があるのです。

この内容知ってるぞという状態を無理矢理つくる

それなら知っている内容についてばかり読んでいればいいかといえば、そうではありません。
読書をする目的は、新しい何かに出会うため、でもありますよね?

そんな時に「飛ばし読み」をすることで、新しいことであっても、聞いたことある程度の状態に持っていくことができます。

読了はゴールではない?

「飛ばし読み」が敬遠される理由の一つに、「本は最初から最後までしっかり読む必要がある」という考え方があります。
本を一冊まるまる読み切ることが大事である、というもので、本を読みきる=読了することをゴールとする考え方ですね。

しかし一回読了したからといって、内容を理解できたり、要約出来るようになるわけではないですよね。
むしろ一回読んだ本をもう一回読んだほうが、理解できることが多いというのは良くあること。

つまり、「読了」はゴールではなくてむしろスタートラインなのです。

しかし「読了」という状態にするためには、一度読み切らなくてはなりません。
大事だとわかっていても、難しいですよね。

そこで、簡易「読了」状態にするためにも、「飛ばし読み」は有効なのです。

具体的な「飛ばし読み」の方法

と、ここまで「飛ばし読み」をする理由を書いてきました。
それはいかに本の内容を「どこかで見たことある」状態=簡易読了状態にできるかで、その後の読書の質が変わってくると言うことです。
一度目にした内容なら、そうでない場合よりも内容は頭に入りますからね。

これからは具体的な方法について書いていきます。
これは私が学生時代から、本を読む時に使っている方法です。

目次を読む

まずは目次を読んでいきます。親切な本であれば、目次を読んでいけばある程度内容を把握していくことができます。

目次を読む時のポイントは、項目同士の繋がりを意識すること。項目同士の繋がりがわかると、話の流れも頭の中に入って来やすくなります。

序論や結論を先に読む

序論には、この本はどんなことについて書かれているかがわかります。
詳しいものでは、各章でどのようなことを書いているかをまとめているものもあります。
(学術書や専門書のような本に多く、要約の形を取っています。)

一方で結論には、その本が辿って来た道筋とそこから導かれる結論、今後の展望が書かれています。

どちらにしても、その本に書かれていることがある程度まとめて書かれていることが多いですから、
本の内容をざっくりと知るにはちょうどいい部分なのです。

自分が知っている言葉を探す

上二つは、主に内容を理解するための方法でしたが、「自分が知っている言葉を探す」については、内容はほとんど関係しません。
文字通り、知っている言葉を探せばいいのです。

例えばそれは、新刊だったら広告のキャッチコピーに使われている一節や、帯に書かれている言葉でもいいです。

あるいは古典などの、他の作品に引用されることの多いものを読んでいるのであれば、有名な一節を探しにいくのもいいでしょう。

大事なのは、言葉探しを通してページを行ったり来たりすることで、目を文章に慣れさせることなのです。

シンプルに読み飛ばす

最後に最も簡単な方法を。単純に一ページ目から読み進めていき、分からないところやつまんないところを読み飛ばす方法です。

「飛ばし読み」という言葉が読書の中で悪者にされるのは、この分からないところやつまんないところを読み飛ばすことがどこか不真面目に感じられる部分があるからのように思います。

しかしここまで読んでいただいているならわかるように、私たちの目標は、一度「簡易読了」状態に至ることですね。

そのためには「分からない」ことや「つまらない」ことに足を止められる必要はないのです。

それに一度本の概要を知ってしまえば「分からない」「つまらない」部分が、後になってわかるようになった、面白くなった、ということも良くあります。

さあ、本を読もう

本を読むことは大事なことだと言われますけれど、実は本の読み方を教えてもらう機会ってそんなにないんですよね。

少なくとも私が通っていた小中高の学校では、読書感想文を書くため、調べ学習をするために本を読む機会はあったものの、それらの成果物が重要であって、本の読み方を教わっていたわけではないんですよね。

大学でも、ある専門分野の専門書を読み解く作法は教わっても、一冊の本に対してどのようなアプローチを取ればいいのか、については教えてもらえません。

ですから本を読む技術というものは自分で身に付けるしかないんです。

ではどうすれば本を読む技術は身につくのでしょうか。

本を読むしかないんです。

身も蓋もないですが、本を読むことでしか本を読む技術は身につきません。

今回紹介した「飛ばし読み」も、聞いただけだと簡単ですが、案外やってみるとうまくいかないこともあります。

ですが、最初から最後まで読み通す、読了を目指す読書と比べれば、途中で挫折するのを防ぐことができる便利な技術でもあります。

皆さんも「飛ばし読み」を駆使して、ぜひ読書を楽しんでください。

それでは