会社帰りに寄り道すること

会社帰りの少しの寄り道は、会社と家の往復生活に変化を与えてくれます。

この前の記事では、夜にファストフード店に寄って少しだけでも自分の時間をつくることを書きました。

残業帰りに寄り道すること - 雑記ブログあるいは

今日は会社帰りにいつもとは違う場所を歩いてみることを書きたいと思います。

いつもと違う場所を歩く効果

見慣れない景色の中を歩くのは新鮮で、驚きや発見がある、というのはよく言われることです。

では、驚きや発見は何のために必要か。

それは、日常生活から少しだけ離れるためなんですね。

会社と家を往復する毎日にほんの少しの非日常感を交えると、どこか閉塞感を感じていた気持ちが和らいでいきます。

自分の寄り道ルートをいくつか持っておくと、ちょっとした時にも気分転換できます。

私の場合は、これから書くような寄り道ルートを持っています。

ちょっとしたことですが、手軽に日常を脱することができて良いですよ。

一駅分歩く

定番ですね。いつも降りる駅より一駅前で降りてみる。電車通勤をしていて、駅間隔が妥当であればいつでもできます。

あとは一駅分歩いてから電車に乗るというパターンもあります。

気軽にできる気分転換としていいと思います。丁度いい運動にもなりますし。

ちょっと大きな駅の周りを歩く

駅の周りは案外面白いです。

駅の周りって、大体みんなが通る場所が決まっています。なので少しだけ遠回りしてみたり、通ったことのない道を通ると、今まで知らなかったような場所に出ることもあります。

あとは店の入れ替えなどがあった場合、景色が変わるので面白かったりします。

大きい本屋を歩く

これは私が本好きなのもあるのですが、大きい本屋をふらつくのも1つの冒険のようなものです。

本屋の良いところは、場所は変わらないですが売り場が変わってくれるので、手軽に新しい刺激を得られるところです。

書店員が優秀ならば、トレンドを追うだけではない陳列になっていますし。

夜の街を歩く

何も繁華街で遊ぼうというわけではありません。普段昼間に歩いているような街の夜の姿を見に行くのです。

それも、お店が閉まり始める時間帯がおすすめです。はなやかな姿から静かな景色に変わっていく様は面白いです。

おわりに

前回に引き続き、会社と家を往復生活を崩す方法を書きました。

別に大したことないんです。しかし、忙しかったり疲れていると、いつもと違うことをしたくないような気持ちになるんですね。

でも実は、同じような毎日を過ごしている方が気が滅入ってくることが多いです。

ですから、そんな毎日から少しだけ脱せられる寄り道をすぐ出来るようにしておくと、いざという時の逃げ道になりますし、少し元気になって、また頑張れたりします。