【レビュー】AirPodsを1年間使って分かった良かったところ、悪かったところ【チンアナゴ】

こんにちは、eSです。

皆さんは音楽を聴く時に何で聴いていますか?

外出中はヘッドホンやイヤホン、自宅ではスピーカーを使っている方と様々だと思います。

私はここ1年間、外出中も自宅でもAppleのAirPodsを使っています。

結論から言うと、ワイアレスイヤホンとしては「十分」な性能に満足しています。

そこで、AirPodsを1年間使って分かった、良かったところ、悪かったところをレビューしていきたいと思います。

目次

買う前に試したこと(雑談)

Bluetoothイヤホンを試してみた

Bluetoothイヤホンの使い勝手がどうなのか、当時はあまり信用していませんでした。

ですので当初はAirPodsにもさほど興味がなかったのですが、とある事情からBluetoothイヤホンを使うようになり、その使い勝手にはまり、AirPodsにも興味を持つようになりました。

前は音楽を聴くのにiPod nanoを使っていました。ですので、それまではずっと有線のイヤホンを使っていました。

しかし、iPod nanoのバッテリーが30分ももたなくなり、それじゃあiPhoneで音楽を聴くかと思ったら、ちょうど機種変していたんですね、iPhone 7にイヤホンジャックはありませんでした。

それじゃあLightning変換アダプタをかませれば良いかと思っていたら、昔使ってたイヤホンを飼い猫に食いちぎられました。

そんなわけでイヤホンを買い換える時、ものは試しと安いBluetoothイヤホンを買いました。

Earpodsで装着感を確認

安いBluetoothイヤホンでもコードがないという快適さにはまり、新しい物好きさも相まって、AirPodsを買おうか悩み始めました。

しかし1番の懸念点は耳へのフィット感。カナル式のイヤホンを使っていたので、AirPodsの形など露ほど信用なりませんでした。Appleの付属イヤホンが耳にフィットした試しなどありませんでしたから。

ですがどうしても気になったので、iPhoneに付属のEarpodsを使い「実験」をしました。

それは、コードをちょん切ること。

ちょうどおんなじような形をしてますし、重さもそれほど変わらないと判断しました。

なぜか悪いことをしてる気持ちにならないではないでしたが、どうせ使わないで捨てるEarpodsなら、せめてちょん切っても役に立つなら。。。

そうして試しに耳に引っ掛けてみると、思ったより耳から落ちることはありませんでした。

そういうわけで、AirPodsを買おうと決心したのです。

良かったところ

全体的に小さい

イヤホン自体が小さいことはもちろんなのですが、ケースも小さめになっています。

持つ歩きが苦になりません。

耳からはほとんど落ちない

Earpodsで試した結果の通り、耳から落ちることはありませんでした。1年間使っても、落ちることはありませんでした。

※ただし、これは普通に使っていればの話です。何かに引っかかるとすぐに落ちます。

音質は悪くない

音質は悪くないです。イヤホンの良し悪しを語れるほどの知識と耳は持っていませんが、実用に差し支え無し、と言ったところです。

ただ、音量はMAXでも小さめなので、その分の迫力という点では、少し物足りないかもしれません。

バッテリーの持ちがいい

会社の行き帰り1日2時間の使用時間で、概ね5日間持ちます。私の場合だと、平日はほぼ充電無しで使えます。

充電自体もそれほど時間がかからないので、バッテリーに関しては言うことありません。

電話に出れる

AirPodsをつけていれば、電話がかかってきてもAirPodsをタップすれば出ることができます。

いちいちiPhoneを取り出さなくていいため、楽です。

Apple Watchと組み合わせると最高

これが1番の魅力。手元で音楽を選び、再生する。いちいちiPhoneを取り出す必要がないし、接続も良好。

Apple Watchは手首につけているので「荷物」にならず、AirPodsもまた大してかさばらない。

つまり、音楽をほとんど手ぶらで楽しめるようになるんです。

【レビュー】Apple Watchを使って良かったこと - 雑記ブログあるいは

悪かったところ

すぐ汚れる

白いので汚れが目立ちます。特にケースはすぐに埃がたまります。

あとケースには、AirPods固定のために磁石が入っているそうなのですが、そのせいで、砂鉄がつくらしいです。

確かに私のAirPodsにも中々取れない埃があると思ったら。。。

滑る

ケースもイヤホン部分も、滑らかな仕上げになっていますが、つかみどころがないとも言えます。イヤホン部分はつまめばいいのですが。

特に手が濡れている時なんかは滑りまくりです。

うどんとは思わないが。。。

デザイン的に色々言われていますが、機能に対しては無駄なデザインがないのは好印象です。

それを踏まえると、特に優れてもいなければひどくもない、といった感想です。

ただ、よくAirPodsをつけている姿を「耳からうどん」と揶揄されることがありますね。

私はそうは思いませんでした。だって先端銀色ですし。

ですが先日水族館でチンアナゴを初めて見ましたが、それ以来AirPodsがチンアナゴにしか見えなくなりました。

チンアナゴにしか見えないのが悪い点かは微妙ですが、デザインについて揶揄されるものを身につけるのは若干気がひける部分はありました。

充電にはLightningケーブルが必要

私はiPhoneとiPadを使っているのですが、充電にはLightningケーブルを当然使います。

AirPodsもまた、Lightningケーブルを使うんですね。

変わりばんこに充電すればいいのですが、貴重なLightningケーブルを1つ占領してしまうのはいい点ではありません。

値段が高い

16800円、高いです。気軽に試せる金額ではありません。

もちろん、不当に高いわけでは無いと思います。性能、質感、使い勝手。どれをとってもちゃんとしているし、製品としては適正価格なのだと思います。

しかし、16800円をイヤホンに使うかはまた別の話です。Bluetoothの完全ワイヤレスのイヤホンも、最近では他にもたくさん出てきており、価格ももちろんAirPodsより安いですから。

カラーバリエーションがない

白はどんな格好をしていても合うので良いですけど、せっかくなら黒もラインナップにあったら良かったのにと思いました。

iPhoneのベゼルの色展開に合わせることができていいような気がします。

あとはProduct REDがあったら確実にそっちを買っていました。

まとめ

AirPodsはちょっとした贅沢品です。使い勝手は良いですが、値段がやっぱり高いため、気軽に手にできるものではありません。

周りを見れば、

もっと安い
もっと音質がいい
防水性能がある
デザインが優れている

そういったものは沢山あります。

しかし一度手にしてしまうと「もうこれで良いかな?」と思わせます。

私自身、不満点は値段だけで、後は便利に使っています。

高いから元を取ってやろうという気がないではないですが、日常で使う範囲で驚くほど不満点がなく、良い点だけを享受できる感じです。

何だかんだ言われますが、よく考えられた製品だと思います。

皆さんも是非、AirPodsを試してみてください。

それでは